ギタパパの機材放浪記

今まで注ぎ込んだ金額はいざ知れず、、、Guitar関係を中心にレビューなどをしていこうと思います

Gibson C/S TAK Firebird レビュー

DC Customは本当に良い楽器ですがどうしても中古感が拭いきれなくて、かつ前回所有していた時はすぐに手放してしまったこともあり買い替えてしまいました笑

 

ということで、前のエントリーでレビューした時は手放した後でしたから、今回は実機を使ってちゃんとしたレビューを再度やりましょうか笑

 

前回はビンテージサンバーストでしたが、 今回はトランスブラックバーストです。

 

ネックはDCと同じプロファイルを使用しているとの話ですが、間違いなくfirebird(FB)の方が厚くDC Customの方が少し平らな印象です。

 

FBは肉厚で剛性の高い感じがします。

 

トラスロッドは近年のGibson拘りのチューブレストラスロッ ド、 製造年などから考えて指板の接着はタイトボンドではなくハイドグ ルー(膠)だと思います。

 

ブリッジはノンワイヤータイプ、 スタッドボルトもロングタイプを使用しているのでヒスコレライン の流用でしょう。

 

コンデンサーはバンブルビーが純正で使用されています。

 

ボディは3ピースでメイプルとマホガニーというレスポールらしさ が含まれておりマホガニーに関しては恐らくこのモデルが「Genuine Mahogany」と謳っていた最後のモデルでしょう(今じゃど こ産のマホか表記もないです)

 

トランスブラックバーストはトップの木目が不揃いだったり全然杢 目が出ていなかったりと残念な物が多いですが、これは当たり笑

f:id:j-yuyu1212:20191113221013j:image

 

指板もいい具合に黒とブラウンの折り混ざった目の詰まった上質なローズウッドです。

f:id:j-yuyu1212:20191113221149j:image

 

ボディは約3キロと軽いのですが、 サイズはレスポールなどより大きいこともあってか生鳴りは非常に良好です。

 

ボディからネック、一部が良く鳴るという感じより全体が響きます。

 

座っては弾きにくいのは分かっていましたが、ストラップつけて立ってみても結構弾きにくい笑

 

こんなにヘッド落ちしたっけかなって思いましたが、ストラップ(Comfort)との相性かもしれません。

 

さて、肝心な音に関してですが

 

高音のキレはDCの勝ちですが、独特な質感の音なのか耳に残るのはFBですね。

 

Lollar搭載でエボニー指板のDC Customを氷のようなツルっとした表面の上を走るイメージと すると、FBはアイスバーンの上を走るような少しだ けザリっとした表面に感じます。

 

リアP.Uは元気がありながらもピッキングニュアンスをよく拾い、バーストバッカーらしいちょっとした雑さがありつつもレンジの広いサウンドです。やはり歪ませた時に真価を発揮するのか張りのあってガツっと抜けるところが素敵。

 

フロントP.Uはかなりもっちりしているのでちゃんとセットアップしてあげる必要がありましたが、高さなどがある程度ハマってくると丸いながら抜ける感じが非常に艶っぽいです。

 

低音リフなどのタイトさはレスポールやDCと同程度、 サスティンは前回の印象よりも悪くないですがナットがピキピキというのでここは改善の余地があります。

 

 

 

洗練された見た目とは裏腹にFirebirdという独特のシェイプからくる弾きにくさと不思議と耳に残るサウンドが絶妙に共存する、 人慣れした野生馬みたいな個体です。

 

リフィニッシュに出す予定なのですが、その時には内部配線の見直しとコンデンサーの交換も予定していますから、 今後どう化けていくのかが楽しみなギターです!

 

Free the tone ソルダーレスケーブル

 

 

一式で購入したボードを購入した際にL型とストレートと合わせて 15本くらいFree the toneのソルダーレスケーブルが付属していました。

 

せっかくなので新しいシステム構築に使ってみてるのですが、FT Tのソルダーレスって2種類あるみたいですね。

 

今回手に入れたのは新しい方。

 

プラグもゴールドの高いものでしたから、セットで4万位したんで しょうね、自分では買わないな笑

 

初期のタイプはプラグのグレードによってケーブルの作り方が違っ たようですが、新Ver.は共通みたいです。

 

切って刺してネジ締める

 

これだけ。

 

非常に簡単!

 

ケーブル自体も柔らかく、配線も這わせやすいですね。

 

肝心な音ですが、フラットでクセのない音質に感じます。

 

ARC-3のHTSサーキットによって多少高音が出るように味付 けされているものの、それ以外の変化は感じられませんでした。

 

コスト面で考えると少々値は張りますが、 何十本もケーブルを作る手間を考えたら精神衛生的には良いのかも しれません笑

 

 

新システム構築

 

Free the tone ARC-3をメインとしたシステムへと組み直しを行っています。

f:id:j-yuyu1212:20191108125739j:image

まだワウペダルとジャンクションボックスがないので、 まずは鳴るのかどうかをDAWを使いながらテスト。

 

鳴らない!

 

ソルダーレスケーブルの作り方が良くなかったようです。

 

どちらにせよケーブルは使いまわしなので後々新品にするつもりで すから適当に作り直しましょう。

 

簡易的に作り直して動作確認したらばっちりでした。

 

ARC-53Mは以前使っていたのですが、ARC-3の方が音が 良いですね。

 

前者は少しもっちりするのに対し、後者はシャキッとする感じ。 高音域を少し持ち上げているのがわかります。

 

聴感上分離がよくなった感じがしますね。

 

同メーカーのフライトタイムをディレイ専用機で導入しようかと思 っていましたが、H9で十分そうです。

 

欲しくなったら追加できるだけのスペースがあるので、 現状はこのまま進めていこうと思います。

Free the tone ARC-3

 

 

フリマサイトでチェックしていた機材セットがあったのですが、 まぁ後払いの上限制限で引っかかるだろうとお試しで購入ボタンを 押したところ。。。

 

「購入完了!」

 

あー。やっちまった汗

 

知らないうちに上限額が増えていたようです。

 

今回購入することになったのは

Free the tone

ARC-3(スイッチャー)

PT-1(パワーサプライ)

ソルダーレスケーブル

 

Mi Auido

Tube Zone(ドライブペダル)×2

 

Line6

EchoPark(ディレイ)

MM-4(モジュレーション)

 

Fulltone

OCD(ドライブペダル)

 

といった面々がARMORのボードセットでした。

 

値段からすると相当安いです。

 

不要なペダルは元から売ってしまう予定で考えていたので、 近々色んなところに出品します笑

 

利益が出たら上質なワウペダルかディレイでも購入しようかな。

 

ディレイであればFree the toneのFlight Timeを入れて、H9はモジュレーション系メインとリバーブで 使う感じでしょうね。

 

Free the toneのHTSサーキットは以前ARC-53Mを使用していた ので分かっているのですが、 個人的にはカスタムオーディオのバッファーの音が好き。

 

悪いわけでは全くないので、 上手くセッティングと音作りをしていければと思います。

 

 

セッティングのシンプル化

 

ラグビーってこんなに面白かったんですね。

今回のワールドカップから少しずつ見始めた「にわか」ではありま すが、そのうち地
元のラグビーチームの試合なども見に行ってみたいと思いました。

 

さて

 

現在のシステムはケーブルがかなり多いので少しシンプルに出来れ ばと考えていま
す。

 

私の奥様は元々ギタパパがスタジオミュージシャンなどを現在もや っているのを知っ
ているので機材に関しては何も言わないですが、導入費用は自分で 何とかしなさいと
いうルールなので、とりあえず体裁を整えるために現在のシステム を販売しようと思
います

 

Custom Audio Japan

RS-616

PowerSupply8.1

 

Custom Audio Electronics

4×4 Audio Controller

 

Free The Tone

JB-41

等々

 

もしこのブログの読者さんで気になる方がいればメッセージ頂けれ ば対応しますよw

 

ある程度元手が出来れば検討しようと思っているのが

Free The Tone ARC-3

が有力でしょうか。

 

販売終了になってしまいましたが、新型のARC-4は見た目が好 きじゃないのもありま
すが、外部コントロール端子の数がARC-3の方が多いんです。

 

音質は今のシステムの方が確実にいいと思いますが。。。

 

基本的に全てのエフェクターを足元に持ってくることで操作性が上 がるのと、ラック
がなくなるので運搬性が向上する予定です。

 

センドリターン含めアンプと足元を繋ぐケーブルをXLR端子の物 を作ることで間違い
もなくなるでしょう。

 

かなりきれいに組み上げたシステムなので正直もったいない気がし ていますし、やっ
ぱりやーめたってなる可能性も。。。笑

 

まずは元手からですねw

Yamaha MG-MⅢ

あー欲しいなってふと思っているときに見つけてしまいました。

f:id:j-yuyu1212:20191010150610j:image

なかなか玉数の少ないモデルでネットなどでもたまに出てくるくら いなのに、見つかったのは近所のリサイクルショップ笑

 

ロックナットとお約束のアームバー欠品w

動作未チェックのほぼジャンクとのことでしたが。。。 実物を見てみるとネックのコンディションは良いし、 ボディの焼けもないです。

 

まだYamahaがギター業界でも元気で日本で生産していた頃のモデルです。

 


最悪音が出なくてもパーツはあるので組み直せばいいやということで連れて帰りました笑

 

腐った弦を外してクリーニング、 弦を張ってフローティングの調整を軽くしたあとで、 どうしてもハイポジションの弦高が気になるので簡易的にシムを作 ってネックジョイントに入れ直し。

 

再度セッティングを行って一旦完成としました。


ネックは太めでレスポールに近い感じですね。

 

P.Uセレクターは5Wayだと思っていましたが3Wayでした 。

 

改造していくなら5WayもしくはVolポットをPush/ Pullでコイルタップなどにしてもいいかもしれません。

 

音に関しては、恐らくバスウッドのボディにメイプルネック・ メイプル指板。

Wolfgangに通じるものがあり懐かしかったですね。

  

クリーンは普通で癖のないフラットな感じですが、 歪ませるとパワフルでディマジオっぽい感じ。 ぎゅっと詰まったミドルが強めの音です。

 

 

 

P.Uを変えてもう少しクリアーな感じが出るともっと万能な感じ になりそうです。

 

そもそもロック式のギターを持たなかった理由の一つとして、フロ イドローズは弦のテンションがキツめなのと、ブリッジ特有の跳ね 返り感があったんですよね。

これで好き嫌いがわかれるのでしょう。

 

ライブで使う予定はあまりないですし、 どちらかと言えばレコーディングメインで使えればという感じでし たから良しとしましょう。

 


ちゃんと手を入れれば十分実践でも通用しますし、 コイルタップまで出来るようになるとストラトは使わなくなりそう ですね汗

Fixer取付レポ

 

昨日DC CustomにFixer テールピースロッキングシステムを取り付けました。

 

台座は3種類ありますが、 いつも真ん中の高さのスペーサにしています。

 

ここを揃えることで各ギターのテンション感が揃うのがいいですね 。

 

取付は簡単で、スタッドボルトと交換するだけ。

 

注意したいのはテールピースに製造時のバリがあったり、 ボディ側のスタッド表面に塗装が乗っていたりすると効果が薄れてしまうとのこと。

 

取付前と後で変化はやはりありますね。

 

イメージとしてはボディの内部から音が響いている感じ。

ソリッドボディなのでセミアコフルアコのような響きではありませんが、 弦の振動がしっかり伝わっている感じが弾いていてわかります。

 

TokaiやNavigatorなどでもFixerを搭載してき ましたが、特殊構造のSEBおよびキルトトップなどトップ材が響きやすい木材を使用したモデルよりはハードメイプルなど硬めのボ ディ材の方が効果が出るように感じます。

 

出音は気持ち低音がタイトになった、、、かな?というくらい。

正直そこまで大きく変わったようには感じませんでしたが。。。汗

 

ボディがよく響くようになったというモチベーション的な部分の方 が大きいのかもしれません。

 

値段も2000円台とお手頃ですし、 見た目に大きな変化がなく取付もできるので興味がある方はお試しください!